社会福祉法人西和賀町社会福祉協議会|社会福祉協議会|岩手県和賀郡西和賀町|

社会福祉法人
西和賀町社会福祉協議会

〒029-5614
岩手県和賀郡西和賀町

沢内字太田2-81-1
TEL 0197-85-3225
FAX 0197-85-3234

MAIL info@nishi-shakyo.net

 

qrcode.png
http://nishi-shakyo.net/
モバイル版はこちら
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!

 
090647
 

活動報告

 

活動報告

活動報告
フォーム
 
福祉まつり開催
2011-10-25
 10月22日(土)に第6回西和賀町福祉まつりが開催されました。農協主催の農業まつりと商工会青年部主催の職業体験フェスティバルとの共同開催で、小雨の降る中たくさんの方々にご来場いただきました。福祉まつりは、いろいろな方々が交流を図りながら、共感の輪を広げることを目的に開催しています。
 今年は、各種団体による模擬店の出店、リサイクルバザー、保育所・保育園の子供たちの作品展示、ステージ部門では、町内保育所・保育園の年長さんによるお遊戯やストリートダンススクールの子供たちによるパフォーマンスを披露していただきました。皆様のご協力により、無事に終えることができました。関係者の皆様、大変お疲れ様でした。
 
東北電力の皆様がボランティア活動を行いました
2011-10-12
 さる10月6日に、東北電力及び関連業者の皆様16名で来町いただき、高齢者の方々を対象に電気設備の無料点検及び清掃を行っていただきました。はっきりしない空模様でしたが、12件のお宅を訪問し、照明器具の清掃やブレーカー等の点検、配線の移動などを手際よく進めていただき、きれいさっぱりにしていただきました。作業しながら、世間話などをして、また来てねと見送られていました。
 
シニア劇団猛稽古中!
2011-10-12
 10月15日の銀河ホールでの初演に向けて、シニア劇団『ふきのとう』の稽古が続けられています。今年の演目は、『にわか仕立て 唄う狸御殿』という昔懐かしい唱歌や懐メロの替え歌が挿入された歌入芝居になっています。今年度は、西和賀町、北上市の他、大船渡市での公演も予定されています。ぜひ、お誘い合わせの上ご覧下さい。
 
1人暮らし高齢者交流会が開催されました
2011-10-03
 さる9月28日に今年度2回目の1人暮らし高齢者交流会が開催されました。今回は、盛岡市にお買い物という企画で、56名の方が参加されました。盛岡手づくり村で『ひっつみ定食』を食べ、昼食後は、イオンモール盛岡でお買い物を楽しみました。広い店内に少々戸惑ったものの手には大きな買い物袋を携えて来ていました。
 久々の再会に話も弾み、別れが名残惜しそうでした。次回は、12月の忘年会の予定です。
 
自動車総連から車輌寄贈
2011-09-01
 この度、東日本大震災被災地域への車輌寄贈として、自動車総連及び自動車総連岩手地方協議会から、西和賀町社会福祉協議会に、いすずエルフが贈呈されました。
 この度贈呈された車輌につきましては、皆様方のご厚意に心から感謝を申し上げ、本会の日々の実践活動に末永く使用させていただきます。
 
今年度の地区懇談会(地区委員会)開催される
2011-09-01
 3年目を迎えた本事業。これまで町内のモデル地区の方々を中心に多くの声を寄せていただきました。その中でも、地域住民の声なき声から発生した買物支援事業や除雪支援・見守り活動事業など多くの成果を生み出すことができています。
 そうした中、今年度の地区懇談会(地区委員会)がモデル3地区を皮切りに開催され、貴重な多様な意見が出されました。今年度は西和賀町における地域福祉計画の策定がスタートしていますので、本地区懇談会から出されたいろいろな意見は全て地域福祉計画にも反映できるようにすることにしています。このような懇談会は、これまでのモデル地区に止まらず、可能な限り多くの地区で開催したいと考えています。
 結局のところ、安心生活創造事業の求めるところは、住み慣れた地域で安心して暮らし続けることを可能にするための取り組みですから、過疎化・少子高齢化・人口減の課題に直面している本町にとってこれからの地域福祉計画に、これまでの本事業で協議した事項や「地域づくり」の視点も含めた今後の進む(取組む)べき方向を明示していきたいものです。
 
買物支援事業「まごころ宅急便」はじまる
2011-09-01

安心生活創造事業から西和賀町での買物支援始業「まごころ宅急便」がスタートして概ね1年が経ちました。この間、町内のモデル地区等でサービス内容の説明会等を開催するなどして多くの方々の利用促進に努めてきたところです。現在、20数名の方々が日常的なサービス利用を行い喜ばれております。

また、本事業は、311日に大震災による大津波で壊滅的な被害を受けた三陸沿岸の大槌町においても「まごころ宅急便in大槌」として81日からサービス開始しています。この事業では、大きな被害を受け職員や事務所等の不備で十分な対応が難しい大槌町社協に代わり、内陸部の北上市社協(北上市社協が混んでいるときは西和賀町社協)がサービス利用者(300アイテムのカタログ)からの電話注文を受けた後、ファクシミリでジョイス釜石店へ発注し、ジョイス釜石店でピッキング(箱詰め)し、クロネコヤマト大槌センターが宅配する仕組み。まさに岩手県の沿岸・内陸の社協や事業者が一体となって運営・支援している事業となります。

なお、大槌町でのサービス利用者は、78名、平均的に毎日3名〜4名の方がサービス利用されています。いまのところ、この方々(社協と包括支援センターで把握した独居高齢者等の要援護者)については、1回の送料500円が県社協から補助される仕組みとなっています。

今後、要援護者の方々以外の一般の方々でもサービス利用を希望した場合、クロネコ会員に登録いただきサービス利用できるようになりますが、ジョイス釜石店での注文を受ける準備が整っていなく、もうしばらく時間がかかりそうです。

 
町婦協からタオル寄贈
2011-07-05
タオルを受け取る利用者
西和賀町婦人連絡協議会(高橋千賀子会長)では町内の福祉施設のサービス役立ててもらおうと、会員総参加による「タオル一本運動」を展開しています。6月20日(月)悠々館に於いて寄せられたタオル(30本)の寄贈が行われました。大切に活用させていただきます。
 
湯田小学校でキャップハンディ体験
2011-07-05
恐る恐る車イスへ試乗
6月24日(金)湯田小学校の4年生21名がキャップハンディ体験をしました。今回はアイマスクや車イスを利用し、視覚や身体に障がいを持っている方への理解を深めたほか、介助方法についても学ぶことができました。
 
一人暮らし高齢者交流会
2011-07-05
今回は工作に夢中になっていました。
6月27日(月)一人暮らし高齢者交流会が、西和賀町悠々館でで開催されまた。
3月の開催については見送られた事業でしたが、約半年ぶりに参加された約50名の方は、お互いの近況について情報交換をしたり、事業の方向性についての話題提供を行ないました。
3
<<社会福祉法人 西和賀町社会福祉協議会>> 〒029-5614 岩手県和賀郡西和賀町沢内太田2-81-1 TEL:0197-85-3225 FAX:0197-85-3234